営業の基本やコツ!口下手営業マンの成功ノウハウ!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

売れる要素を持っているのに売れない?

売れる要素を持っているのに売れないときがあります。

例えば、
・素直に実践しても
・場数を踏んでも伸び悩むとき
・どれだけ営業テクニックを身に付けても伸び悩むとき。
・考えて工夫する力が長けていても伸び悩むときがあります。

それは、どんな時に起こるかといえば

・自分の位置づけが見えなくなっているとき
・何をすれば良いのか、方向性が見えなくなっているとき
・自分の技量にあわないテクニックを身に付けたとき

に起こります。

つまり、自己分析を見誤っているときなのです。

これは、営業スキルの向上では解決できない問題です。

具体的には
・仕事が単調になり、次に何をすれば良いのか分からない時
・仕事の面白みが薄れているとき、会社と意思疎通が図れていないとき
・過去の実績による自己評価を過大評価してしまっているときなど・・・
に起こります。

しかし、これは誰にでも起こる事です。

営業は、自分との戦いでもあります。

しかし、弱い自分や見失う自分もいるのが本音。
ココをクリアにする方法を身に付けておかないと、
先へは進めないのです。

そこで・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。