営業の基本やコツ!口下手営業マンの成功ノウハウ!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

どうしてPOPを見ても欲しくならないのか?

従来のPOPだとこんなものです。
では、どうしてダメなのかを見てみましょう。

【性能・・・・・・・・・・・・高性能260馬力】

走りにこだわっている人なら馬力って結構重要ですが
日本で街中を普通に乗るのにあまり必要性を感じないお客さんもいます。

そういう意味では売りとしては弱いですね。

特に女性だとこの車は売れないってことになります。

【走行距離・・・・・・・・4万キロ】


これは確かに必要です。

でもはっきりいって車に座ってメーターを見ればわかりませんか?
わかりますよね(笑)

であれば、もっとひねった内容で書かないとPOPの意味がありません。


【年式・・・・・・・・・・・・平成8年式】

まぁ年式は必要ですね。

これは問題ないでしょう・・・・

本当にそう思いますか?

いいえ、ここでもヒネリが必要です。


【色・・・・・・・・・・・・・・シルバー】

色ですか〜^^;

見ればわかりませんか???(笑)


【ワンオーナー・・・・・なし】

ワンオーナー車なら売りやすいですね。

しかし、この車はワンオーナー車ではないようです。

じゃあなぜわざわざこの枠をもうける必要があると思いますか?

それはお客さんに見てもらうより、POPを作る従業員の都合なんでしょう(笑)

予めフォーマットを作っておけば楽ですからね。

短時間でチェックを入れやすいように作ってある・・・ただそれだけです。



【装備・・・・・・・・・・・・エアコン完備、パワーウィンドー、純正ホイール他】

これもまさに芸がないですね。

ありきたりの表現では、むしろ古臭さを感じませんか?


【車検・・・・・・・・・・・・なし】

車検がないということは、車を購入する際に別途車検費用がかかる計算になりますよね。

であればお客さんにとって予算の計算をするのに
頭を使わなければいけなくなります。

これも非常に不親切なPOPになるのでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。