営業の基本やコツ!口下手営業マンの成功ノウハウ!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

営業のやり方が悪いのか?

営業のやり方が悪いとは?
・ターゲットが絞れていない
・情報を収集していない。
・お客様の購入意欲をはかれていない。
上記3つに集約をされます。

「ターゲットが絞れていない」ということについて、
営業マンは本能的に、
「いつでも、誰にでも」
「人を見れば、客と思え」という意識が身に
つくものです。

積極性のある人ほど、この傾向が強いですが、
一方で時間と体力をロスしている場合もあります。

「いつでも、誰にでも」
の営業法で成果が上がっているなら、
相当な実力者である証拠。

そのままのスタイルでも十分に活躍できます。

しかし、
「いいところまでいくものの、あと一歩・・・」
が多い営業マンは、
ターゲットを見直す必要があります。

ゲリラマーケティングで有名なJ・C・レビンソンは言っています。
「なにを、だれに対して売買するのか?
それがわかっていれば、マーケティングは簡単だ。
『だれに対して』が、マーケティングの大半を占めるからだ」

これは、セールスにおいても、そのまま当てはまります。

あなたの売上を構成しているお客様を、
売上金額、業界、規模、所在地などによって分析
してください。

そして、売上金額順に並べた場合、何らかの法則が見えませんか?

目的は、既存客の共通性を見つけることです。

そして、見つけた共通性を持っているのに
アプローチができていない業界やカテゴリが新
規開拓のターゲットとなります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。