営業の基本やコツ!口下手営業マンの成功ノウハウ!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

営業マンの勘違い


・アポイントが取れれば、「買う気のあるお客様」だという誤解
・見積りの依頼があれば、「買う気のあるお客様」だという誤解
陥りがちなのが、新規開拓の時。

「面談=受注の可能性が高い」ではありません。
「なぜ、担当者が会ってくれたのか?」
それは、「熱心に頼むから」という理由かもしれません。

わたしにも経験がありますが、電話営業や飛び込み訪問をやっていると、
断られることが多いので、精神的に疲弊してきます。

その内、目的が「売ること」ではなく、
「アポイントを取ること」「面談すること」
に変わってきます。

無意識にハードルを下げてしまいます。
この時でも、
「なぜ、お客様は面談をしてくれるのか?」

この意味を考える営業マンと考えない営業マンとでは、
大きな開きがあります。

購入意欲をはかるとは?
なぜ、お客様は会ってくれるのかを考えること。

注文がしたい。
聞きたいことがある。
競合見積りの当て馬
暇だから

こうした意味を事前に予測することで、
効率と確率は上がります。

そして、その先の展開も含め、
作戦が立てやすくなります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。