<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

やってはいけない飛び込み営業法

困ったことに、買わされる人がいます
営業マンの説得によって、モノを買ってしまう人がいます。

ひとり暮らしの老人が、孫みたいな営業マンに同情して、
高額な株式やリフォームを発注
してしまう例。

または、気の弱い人が、ゴリ押しに負けてしまう例。

あくまで、このような例は少数です。

セールストークだけで売ろうとすれば、
「買わせることができる人」
を探さなければなりません。

一体、そんな人はどこにいるのでしょう?

続きを読む

マズローの欲求段階

商品が悪いということについて、もうひとつ。
「お客様の層と品質が合っていない」ということがあります。

マズローの欲求段階説というのがあります。
@ 生理的欲求:
A 安全の欲求:
B 社会的(調和)の欲求:
C 自我欲求:
D 自己実現欲求:

人間は、「生理的欲求」が満たされると「安全の欲求」、
それが満たされると「親和の欲求」
という風に、欲求が上がっていきます。

続きを読む

お客様と五分の付き合いをする

お客様が満足いく商品を届けて、あなたが満足いく代金をいただく。

その結果、双方にとってメリットがある。

こういった取引を続ける限り、
お客様との関係は五分であると言えます。

下手に出ること、上に立って操作しようとすること、
どちらも大変苦労があり、また難し
いということもお話しましたね。

できる営業マンは、やってもいいのですよ。

ただ、できない営業マンの方が圧倒的に多いのも事実です。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。