<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

友達に質の悪い商品を薦めるはずがないという信頼

友達からの問い合わせ、お客様からの問い合わせを紹介します。
どちらの展開が好ましいのかおわかりでしょう。

友達「●●が欲しくてさ〜、お前のところあるだろ。売ってよ。いくら?」
あなた「何に使うの?」
友達「××をしたいんだけどね」
あなた「それなら、■■の方がいいよ。値段は、1000 円と1500 円のものがあるけど、どっ
ちがいい?」
友達「どう違うの?」
あなた「1000 円のは、・・・で、1500 円のは・・・だね。長く使うなら、1500 円の方がい
いと思うよ。でも、価格だけならA社の方が安いけど。」
友達「A社に知り合いはいないしね。しかも、あんまり安いと心配だから、1500 円のにす
るよ」
続きを読む

テクニックでお客様を操作しようとしない

ランチェスター経営の竹田陽一さんは、
「商品を買う権利は100%お客様にある。売る側には1%もない」
と言っています。

どんなにいい商品でも、営業マンの側から
「これ買ったほうがいいですよ」と言って、
買ってもらえるケースはほとんどありません。

だから、誰もがお客様が自分で決めたように
誘導する営業テクニックを知りたがるのです。

もし、あなたがお客様の上に立ち、
テクニックでお客様を操作しようと思うなら、
十分に注意してください。

続きを読む

流行に左右されない営業法

さて、いかがですか?
営業の世界で、常識だと思われていること、
常識を打ち破る新たな手法。

成功事例だけを掲載した書籍を読んで、
感化されても、同じ結果は出ない・・・。

それは当然。

書籍に書かれていることは氷山の一角に過ぎません。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。