<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

営業のやり方が悪いのか?

営業のやり方が悪いとは?
・ターゲットが絞れていない
・情報を収集していない。
・お客様の購入意欲をはかれていない。
上記3つに集約をされます。

「ターゲットが絞れていない」ということについて、
営業マンは本能的に、
「いつでも、誰にでも」
「人を見れば、客と思え」という意識が身に
つくものです。

積極性のある人ほど、この傾向が強いですが、
一方で時間と体力をロスしている場合もあります。

続きを読む

営業マンが価格競争に突入

多くの営業マンの主戦場について
「商品が悪い」ということについて話しました。

しかし、実際のところ、多くの営業マンは、
成熟期で欲求段階の「安全」か「調和」で戦
っています。

つまり、どこにでもあり、いつでも手に入る。

さらに、お客様はすでに入手先を知っている、
ということです。

いつでも手に入るとは、
比較が出来やすいということです。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。